FXでニュージーランドドルの取引を

FXで取引できる通貨は業者によって異なってきます。12通貨ペア程度が一般的ですが、多い業者だと100通貨ペア以上の取引が可能になります。当然取り扱っている通貨の数が多ければ多いほどマイナーな通貨を取引できることになるのです。

そんな中、メジャー通貨としてほとんどすべてのFX業者で取引を取り扱っているのがニュージーランドドルです。この通貨は言うまでもなくニュージーランドで流通している通貨のことで、「キーウィドル」という名称がついています。

ニュージーランドという国は知名度は高いものの、経済の分野に関しては必ずしも世界的に大きな影響力を持っているとはいえない国です。にも関わらずなぜFXの取引でニュージーランドドルが広く行われているかといいますと、その金利の高さが原因にあります。

金利はFXを行ううえで非常に重要なポイントとなります。なぜならFXにはスワップポイントという概念があるからです。日本は金利が非常に低いため、金利の高い国の通貨を取引する際にはスワップ金利が発生します。つまり、その通貨を購入し、保持しているだけでも一定の利益を見込むことができるわけです。ニュージーランドは金利が高いため、このスワップ目的で取引を行うケースが非常に多いのです。そのため、ほとんどの業者ではニュージーランドドルを取り扱っているのです。

このように、ニュージーランドドルは一攫千金というよりは安定した利益を目指す場合に適した通貨といえます。FXに手を出す際にはぜひともチェックしておきたい通貨といえるでしょう。